ブログパーツ
中田ヤスタカプロデュースのテクノポップユニット、Perfumeを徹底紹介!youtube、ニコニコ動画から無料動画もご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事とくダネ!新型アイドル大人気「パフューム」特集動画①
続きの動画をユーチューブよりご紹介します。




テクノという音楽のジャンルさえ知らなかったパフュームの3人。
あ~ちゃんは「ちゃちく聞こえちゃって」とひどいこといってますw
のっちも「これから私たちはこういう曲をやっていくのか」と思ったそうです。

あれだけ歌唱力があったら確かにはじめは抵抗があったでしょう。
しかも中田さん冷たかったらしいですからなおさら嫌だったんでしょうね。
でもパッパラー河合さんに曲をずっと書いてもらっていたら
絶対今のパフュームはなかったでしょう。

実際パフュームの音楽性を評価するファンは急増し、
「みんな楽しそうなんだけど、パフュームは見てない」で
音楽を楽しんでいる人が増えてきたとか。

そして話はパフュームの苦労の時代へ。
自分たちの中では進歩もあって、
大きな波はなく鳴かず飛ばずに見られていた3人。
ビラを配ってインストアライブをやっても
自分の母親以外は2人とかいう状態。

今では本当に信じられませんねぇ。
でも当時はひょっとしたらこの2人だって
さくらだったかもしれませんよねw


この後のかしゆかの言葉が泣かせます。

「個人個人は思っていても(危機感のことは)口にださなかった。
 プラス思考のことだけ口にださなくて。」

うーん、さすがですね。少しは見習いたいものです。

そしてこのあともかしゆかは
「まずツアーを全部成功させて全ヶ所楽しかったといえるライブにして
 それでまた武道館もまた来たいと思えるようなライブにするのが今の目標」
とも語っております。えらい、かしゆか。

そしてそのあとスタジオのメンバーのややトンチンカンなトークで
パフューム特集は終わります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。