ブログパーツ
中田ヤスタカプロデュースのテクノポップユニット、Perfumeを徹底紹介!youtube、ニコニコ動画から無料動画もご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2週連続なのでなんだかなぁと思いますが、
Perfumeかしゆかの初フライデーの件です。

Perfumeの“かしゆか”こと樫野有香さんが
19日発売の写真週刊誌「フライデー」で熱愛報道されております。

お相手はイケメン写真家、太田好治(よしはる)氏。
5月中旬の午後10時ごろ、東京・三軒茶屋にあるカフェの個室で
過ごしている2人の姿が写されております。
この日はそのまま別れましたが、
その1週間前には、かしゆかが太田氏のアパートを訪れたそうです。


のっちのフライデーの記事は読み損ねたのですが、
かしゆかのフライデーの記事は近所のコンビニで立ち読みしてきました。
太田好治さんととても楽しそうに過ごすかしゆかの姿が撮られておりました。

その記事を読んだとき「かしゆか、うれしそうだなぁw」とか
「かしゆか、足長っ!」とか、いたって普通に
これまでのパフュームを見るように、その記事を見ることができました。

あれ?なんだ?
のっちのフライデーのニュースを
始めて知った時との感情の違いは?
あの時はもっとネガティブな感情があったような気がします。

この感情の違いの理由は何なのでしょうか?


かしゆかがそんなに好きじゃなかった?

いや、別にそんなことはありません。
ライブでは時に一番魅力的だと思ってました。


小悪魔かしゆかなら男性と付き合っていてもおかしくなかった?

それはありうるw
受け入れ態勢が出来ていた。


相手が写真家と言うのが良かった?

それもあるかも。写真好きなかしゆかが
写真家と付き合うのはお似合いな気がする。
パッとしないバンドマンより写真家の方がいいw


普通にデートしている写真だったから?

確かに普通に健全にお付き合いしている感じの
写真はある意味ほほえましく感じました。
30のオッサンがマンション通いするよりは
さわやかな感じがしました。


そしてもう一つの可能性。

すでにのっちの報道によって
パフュームという魔法が解けていたから?

これは良く分からないです。
最初にかしゆかの報道がされていたら
どんな感情を持ったのかはいまいち想像できません。


パフュームのフライデー2連続で
パフュームのファン達もいろいろな反応をしています。


①ミュージシャンとしてのパフュームが好きなのであって
 恋愛しても全然OK。これまで通りファンでいる。


これが今回の熱愛報道でノーダメージな層。
でも強がりでこう言っている人もかなり多い気がしますw


②パフュームをアイドル半分、ミュージシャン半分で見てた。
 別にパフュームに疑似恋愛してはいないけど、
 パーフェクトアイドル幻想が崩れて、なんかちょっと冷めた。


今回の熱愛報道で別にショックというほどではないけど、
パフュームという魔法が解けてしまった感じの層。

意外にこの層がパフュームファンには多そう。
①の振りをして強がっているけど内心は②の人も
結構いるのではないでしょうか?

この層はパフュームの誰が好きというよりも、
パフュームの3人、3人の関係性が好きな人、
パフュームで初めてアイドルにハマった人が多いです。

彼らの多くは、とりあえずしばらく距離をおいてみる、
⊿(トライアングル)でミュージシャンとして進化していれば
パフュームファンを続けるというスタンスにいます。

でも魔法が解けてしまったのは事実であり、
「俺らがパフュームを有名にしなきゃ。」的な
応援する気持ちが冷めており、
「もうシングルは買わない」「ライブには行かないだろう」
という発言も見られます。


③パフュームを完全にアイドルとして見てた。
  限りなくガッカリしている。


古くからのパフュームファンに多い。
そりゃパフュームは最初はアイドルとして売ってましたからね。
特にコアなアイドルファンには処女幻想があるから
今回のニュースは致命的でさえあります。

パフュームはあまり男性との付き合いもないような
コメントをTV番組でもしていたので、
良くも悪くも純粋なアイドルの幻想を膨らませる結果となっており、
その分コアなファンは裏切られたという気持ちも強いようです。

これらの層は
・もうファンやめる派
・あ~ちゃんだけは信じてる派
・とりあえずショック状態なのでどうするか保留派
・音楽は好きだからミュージシャンとしてのパフュームのファン続ける派
などに分かれています。

某掲示板などを見ているとかわいさ余って憎さ100倍で
アンチパフューム化してしまっている人もいるようです。
まあもともとアンチの人の演技かもしれませんけど。


とりあえず私は②に近いですかね。
疑似恋愛の対象とは思っていませんが、
アイドル要素とミュージシャン要素の
奇跡的なバランスが崩れてしまった印象はあります。
あとパフュームとファンとの間にある
一体感みたいなものが崩れてしまったのも
ちょっとさみしい。

ただアイドル幻想と言っても、かしゆかの報道は別に何とも思わなかったので、
ようはのっちの相手が気に入らないだけかもしれませんw



今回ののっち、かしゆかの熱愛報道に
全然ショックを受けなかった人がいる一方で、
パフュームのパフォーマンスが好きだったはずなのに、
想像以上にショックを受けてしまった人、
もうパフュームの音楽聞けないぐらい傷ついている人、
いろいろなファンの人がいると思います。

特にパフュームで初めてアイドルにハマった人ほど、
好きだったアイドルに熱愛発覚で傷つくことに耐性がないので、
結構キツい人もいることでしょう。

アイドルであれ、ミュージシャンであれ、
すごく好きな人に特定の相手が発覚するのは
やっぱり面白いことではないと思います。
自分自身に特定の相手がいようがいまいが
それはファンとして普通の感情です。
好きなものに独占欲が湧くのは
人間としていたって普通のことです。


今度のことでパフュームのファンをやめてしまう人もいるかもしれません。
まあそれはそれでしょうがないでしょう。

ただ時間が経過することで自分の感情が変化することもあります。
なのですぐに結論を出さないで、
もう少し時間と距離を置いてみるのもよいかもしれません。
あれだけ輝いていたものが、あなたにとって全部ウソだったということは
さすがにないと思いますので。


ちなみに来週のフライデーには
あ~ちゃんの熱愛報道が載るなんて話もあります。
あ~ちゃん一人だけにアイドル幻想を背負わせるのは
あまりにかわいそうな気がするので、
いっそのこと3人ともフライデーされる方が
すっきりするような気がします。



今度発売になるパフュームのニューアルバム
⊿(トライアングル)はかなり実験的な内容になるようです。



アイドル幻想をなくしたパフュームの新しい音楽の形。
それを聴いた上で残る人は残る。去る人は去る。
そういう段階に来ているのかもしれません。


先日発売になったROCKIN'ON JAPAN7月号に
パフュームのインタビューが載っているのですが、
ここでも代々木のあ~ちゃんの苦悩に近いMCの流れを
引きずるような内容になっております。

巨大になりすぎたパフュームという存在。
周りから求められるパフュームというイメージ。
脱アイドルという路線を要求されながらも、
相変わらず、作詞も作曲もすることはなく、
その歌声でさえ、より音の一つの素材として扱われる。
爆発的にファンが増えれば増えるほど、
見えなくなってくるファンの存在。

ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2009年 07月号



パフュームの3人とファンの苦悩がすっきりと晴れる日はくるのでしょうか?
新しいパフュームの形はパフュームもファンもHAPPYになれるのでしょうか?
セブンスヘブンに再びたどり着ける日は来るのでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。