ブログパーツ
中田ヤスタカプロデュースのテクノポップユニット、Perfumeを徹底紹介!youtube、ニコニコ動画から無料動画もご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サウンドプロデューサー中田ヤスカタの手がけるPerfume(パフューム)の音楽は、
テクノポップ、ピチカート系ポップ、エレクトロニカポップ、テクノ・ハウス、
ラウンジ・ハウスなどの音楽にアイドル的な要素を加味したものとなっています。
ヴォコーダーやAuto-Tuneが効果的に使われている曲も多く、
非常に高度に作りこまれており、音楽好きにも定評があります。

ここがPerfume(パフューム)がアイドルなのか、ミュージシャンなのか
非常に判断が迷うところですね。

実際いい歳したおじさんにもPerfume(パフューム)ファンは多く、
「なんでこんな歳になって、俺はアイドルファンになるんだ…」と
頭を悩ませたりしていますw

まあいいじゃないですか!楽しいものは楽しい。良いものは良いのです。
楽しんじゃった人の勝ちですから。


中田ヤスタカさんは
「彼女たちがアイドルであろうとなかろうと、
手を抜かずいつも通りきちんと曲作りをする」
と述べております。

そう、全く手抜きなしの音楽なのです。だからカッコいい。
そしてその音楽のクオリティの高さからPerfume(パフューム)の曲は
「全曲捨て曲なしのアイドルソング」と評されたりもします。

また中田さんは「capsuleの女の子版が出来たんじゃ面白くない」との理由で
Perfume(パフューム)のトータルプロデュースは行わず、
音楽プロデュースのみを行っています。

capsule(カプセル)では中田ヤスタカ本人も参加し、
 ボーカルにこしじまとしこをフィーチャーするスタイルで
 活動をしています。

ちなみに中田ヤスタカさんはPerfume(パフューム)のライブを
見に行かないそうです。
ライブを見ちゃうとPerfume(パフューム)の
イメージが出来上がってしまうので、あえて見ないそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。