ブログパーツ
中田ヤスタカプロデュースのテクノポップユニット、Perfumeを徹底紹介!youtube、ニコニコ動画から無料動画もご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Perfumeパフューム)が)2/18朝日新聞夕刊 「ステージ」の記事で
渋谷AXのライブの模様が紹介されております。

記事を書いているのは音楽評論家の湯浅学。

記事の中ではパフュームのライブの観客の多様性が述べられています。

一見いまどきの若い男が集まった観客も
よくみうRとバラエティーが実に豊かだ。
ドレッドヘアにモヒカン刈り、スキンヘッド、
テクノカット、お兄系からヒップホップ系、
当然アキバ系、至極まじめな高校生風、
音楽業界風、会社帰りの新入社員風、
ロマンスグレーのおじさままでいる。
10代とおぼしき女性の2人組も少なくない。


このパフュームのファンの多様性はよく述べられています。
パフュームにはいろんな入り口があるからでしょうか。
ACのCMから入った人、アイドルマスターから入った人、
ニコニコ動画・YOUTUBEから入った人、
テクノから入った人、中田ヤスタカから入った人、
木村カエラから入った人etc
だからいろんなファンがいるんでしょうね。

記事は後の部分はパフュームについてよく書かれていることが
書かれております。

80年代前半の色合い、懐かしさと新しさの融合、
細かく正確なダンスなどなど。

そして記事はあ~ちゃんのトークへも言及。

広島出身を強く印象付ける、広島弁コッテリの
西脇綾香のMCはとりわけおもしろい。
客いじりも上々で、テンポ、間のとりかたもうまく、
タレント性はかなり高い。


おお、あーちゃん褒められてますよw
いつでもお笑いに転向できそうです。


パフュームの音楽についても

基本はエレクトロニクスだが、テクノポップだけではなく、
ハウス系、エレクトロニカ風など音楽的にも多彩な展開を見せる。
サウンドプロデュースの中田ヤスタカの才能を改めて、
大音量で体感することもできた。


中田ヤスタカさんの才能を褒め称えております。

正直私はこの音楽の違いがよーわかりませんが、
多分パフュームの3人もよーわかってないと思いますw
でも楽しければいいんじゃ!

夕刊だとはいえ朝日新聞にまで進出したパフュームでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。